このビール…



今まで飲んだビールの中で一番好きだったので、ぜひともレギュラー商品化して下さい。

どーかお願い申し上げます。

つーことで。
メガネです。

お盆休みも終わっちまって、なんだかビミョーに虚しい今日この頃でございますけれども。

別にお盆休みだけがバカンスじゃーねぇーので特段落ち込むこともないですよね?

ンなわけで前回も書きましたが、今年は久々に真夏に家族でキャンプしてきたわけです。

そんでもって、今回は単なるオートキャンプではなくてですね。
初の遠征と申しましょうか。
メガネ家からは遠く離れた富山県に出撃してまいりました。

つーか今回はキャンプがメインでわなくてですね。
2泊3日旅行の宿泊手段にキャンプを取り入れてみたわけです。

まぁメガネの狙いとしては、2日間もお盆のハイシーズンに旅館とか泊まっちまうと財布への攻撃力が高すぎて参っちまうので、1泊だけ野宿してみたと。

そういう事でございます。

んで、今回お邪魔したキャンプ場はこちらでーす。



桂湖オートキャンプ場であります。
チョットいい写真無くて、サイトの案内図ですいません。

読んで字のごとく、桂湖という湖っつーか、ダムの湖畔にちんまりと存在するキャンプ場なんですけども。
場所的には有名な世界遺産の白川郷とか五箇山のほど近くといった所でございますが、ここが以外とナイスなキャンプ場でありまして。

全面芝生で電源付きの湖畔区画サイトでありながらも、お盆休みの真っ只中だというのにポツポツと空いてるサイトすら存在する状況でして。
サイトの広さもそんなに窮屈ってわけではなく、広場的な部分に隣接していたりするので割と広々感がありまする。

で、さっきもマップ載せましたけども、キャンプ場の全体像としてはこんな感じで…


大きく分けて湖畔のサイトと、広場寄りのサイトに分かれているわけです。
一月ほど前に予約を入れたわけなんですが、流石に湖側のサイトは人気があって埋まっておりまたので、割と広く使えそうな9番のサイトにしてみました。

それがこちらでございますが…


芝生があるって事しかわからねぇ写真ですねぇ…

見渡しますと…


こんな…


サイトであります。

して、今回はファミキャンなので、ドックドームはインナー使ってテントスタイルであります。


夏なんでケルティーのノアズタープ16フィートを使用し、ウイングタープなモンで、タープ切れ目位を狙って焚き火台やバーベキューセットを設置。


息子のご要望によりテンマクデザインの陣幕で俺らの陣地感を演出。


そして向かい側には桂湖を望む


リゾート感のあるセッティングでございます。

しかし写真で見るとイマイチ小汚い感じがしちまって修行がたりなすぎてすいません。

多分ジカロとローチェアとIGTで固めれば高級感が出るのでしょうけども、問題はそういうことでわ無くてですね。もうチョット雑多なものをスマートにできねぇもんかなぁ…と思案しておりますが、ステンレスの折りたたみ食器棚でも作るしかねぇーのでわ…とか…
まぁイマイチその辺のセンスに欠けるので、誰か助けてください。

まぁ最近メガネもスノピスノピと言うようになりましたけれども。
このような感じで、


コールマンの焚き火セットもナカナカに赴きがあってメガネは大好きです。

して、真夏のど真ん中っつーわけで、電源付きってこともあり、デカイ扇風機を持参してみたのですけども。
標高高いからでしょうか?
全くもって涼しくて快適。
特にドックドーム様はこのように…



テントとして使っても窓がクソ多いので、すごく快適にゴロゴロできちゃいます。
特にドックドームの目みたいな部分をメッシュにすると、割と天井の方まで開きますので、端っこに寝っ転がれば空が見えて気持ちよす。



わかります?
寝っ転がって仰向けになって撮った写真でございます。
まぁよくわからんですよね?

そして当然のように天窓ありますので明るいし、シールドルーフ無くても思ったほど暑くなかったので、シールドルーフは買わんでいいかなぁと思っとります。

そしてこのキャンプ場はすぐそこが湖な訳なんですが、隅っこには湖に流れ込む小川があって子供も遊べます。


しかし真夏だっていうのに水冷たすぎで流石にズット水に浸かってるわけには参りません。
まぁ浸かるほど水深ありませんけども。

んで湖に流れ込んでるぞっと。


して、サイトの端っこはガレガレな急坂になっとりまして、


頑張って水面まで下りてみますと…



なんつーか、デカイのから小さいのまで魚がウヨウヨいますねぇ。
魚影が濃いっていうかぁ…
そんな訳でメガネの息子は魚に夢中なのであります。

そしてカヤックが多いこと多いこと。
朝6時からガチで朝練している団体さんもいれば、カヤックで釣りを楽しむ方、あるいはユルユルとタンデムで漕ぎ漕ぎしているのとか見るとですねぇ…

マジでカヤック乗ってみたくなっちまいまして。

今度来るときはカヤックレンタルしてみよう。
ウンそうしよう。

しかし、今後もこんな遠くまで来るのかしら?
だって往復で1200キロも走ったとですよ。
まぁモロモロに余裕があれば途中泊まりながら長旅するのも楽しいかもしれねぇですなぁー。

つーかですねぇ。

こんなに長距離キャンプの旅が出来るのも実は理由があってですね。

どっかにチラッと見えちゃってますけれども、その話はまたの機会に。

つーことでまとめますと、富山県に訪れた際には白川郷とか五箇山の合掌造りを観光しつつも桂湖でキャンプしながら、カヤックで釣りを楽しむのがオススメって事で。

しかしながら、このキャンプ場には注意点がありまして。

なんかアブ的な虫がスゲー沢山いるし、夜はその虫の死んだのとかが大量にトイレに溜まっておりましたので、その辺が許容出来ない場合は他のキャンプ場に行きましょう。

なんだかいつにも増してどうでも良い内容で申し訳ありませんが、その辺は所詮メガネのブログなのでお許しください。

それでわ。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

♪(´ε` )

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 困った時のピカ頼み【キャンピカ明野でラウンジシェルとドックドームとアメドS連結!】
    たなぽん
  • 困った時のピカ頼み【キャンピカ明野でラウンジシェルとドックドームとアメドS連結!】
    メガネ
  • 困った時のピカ頼み【キャンピカ明野でラウンジシェルとドックドームとアメドS連結!】
    たなぽん
  • ヴェイパラックスM320のパッキンを交換する話
    メガネ
  • ヴェイパラックスM320のパッキンを交換する話
    ぼうぼう
  • ヴェイパラックスM320のパッキンを交換する話
    メガネ
  • ヴェイパラックスM320のパッキンを交換する話
    ぼうぼう
  • ヴェイパラックスM320のパッキンを交換する話
    メガネ
  • ヴェイパラックスM320のパッキンを交換する話
    akicho
  • ヴェイパラックスM320のパッキンを交換する話
    メガネ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM